a 治療を終えても、通院し続ける患者さんへの対応/ 弁護士法人フラクタル法律事務所
歯科医師のための法律相談 デンタルローヤー

緊急相談
患者トラブルにお困りでメール・LINE・電話でのアドバイスが欲しい方はこちら

医師のための法律相談
労働問題・経営問題・医師のプライベートの問題などはこちらをご覧ください

平成26年6月6日
モンスターペイシェントの対処法
高知県歯科医師会にて講演

モンスターペイシェントの対処法 高知県歯科医師会にて講演

 

*LINE相談はじめました*

フラクタル法律事務所のLINE@にご登録いただきますと、LINEからお問い合わせ・ご相談いただくことができます。
その他、メディア出演や講演会のお知らせ、法律コラムなど当事務所の弁護士を身近に感じていただけるような情報を配信していますので、是非友だち登録をお願いします。

twitter

フラクタル法律事務所のTwitterを開設しました。
メディア出演やブログ・コラムの更新情報などを配信しています。上のボタンよりフォローください。

コラム

メディアの方へ

フラクタル法律事務所 青山本店

獣医師のための法律相談専門サイト

離婚専門サイト

歯科医院検索

治療を終えても、通院し続ける患者さんへの対応

 治療が終了し、もうできる処置がないと伝えても、「完全に痛みが取れていないから治っていないのでないか」「腫れがひかない」「歯に違和感がある」等の理由で通院を続ける患者さんがいらっしゃいます。治療に問題があって痛みが続いている場合や、腫れが続いている場合はきちんと診察しなければなりませんが、ただ患者さんの押しに負けて、必要性のない診療を続けることは、今後トラブルを招くことになりますので注意が必要です。

 まず、歯科診療は基本的に健康保険が適用され、国や各保険機関から負担分の診療費が医院に支払われることになりますので、たとえ本人の希望であっても必要性のない診療を続けてはいけません。
 また、患者本人のご希望で始めたことであっても、ご本人が治療結果に納得しなければ、後々「必要のない診療だった」「治療もしないのに金だけとられた」とクレームを言われることになります。

 そもそも、「治っていないのではないか」などと言って、通院を続けようとする患者さんはモンスターペイシェントになる可能性が高いので、必要性のない治療は続けないほうが良いと言えます。

 単なるクレームで留まればよいのですが、こういったケースでは、今までの治療費を返せと言われたり、後医にかかった時の治療費や交通費の請求をされることがよくあります。また、他の患者さんがいる受付付近で騒いだため、医院の悪評が広まり、医院経営が立ち行かなくなったという事案もあります。

 こういった患者さんを増やさないためにも、普段から治療前・治療中に治療内容についてしっかりと説明し、納得していただき、患者さんと信頼関係を築くことが必要です。
 どうしてもトラブルになってしまった場合は、自分で対応しようとせずに、早めに弁護士にご相談いただくことをお勧めいたします。

  • 電話相談は0120-684-600
  • 会って相談はこちら