a 患者の希望を優先させるべきか/ 弁護士法人フラクタル法律事務所
歯科医師のための法律相談 デンタルローヤー

緊急相談
患者トラブルにお困りでメール・LINE・電話でのアドバイスが欲しい方はこちら

医師のための法律相談
労働問題・経営問題・医師のプライベートの問題などはこちらをご覧ください

平成26年6月6日
モンスターペイシェントの対処法
高知県歯科医師会にて講演

モンスターペイシェントの対処法 高知県歯科医師会にて講演

 

*LINE相談はじめました*

フラクタル法律事務所のLINE@にご登録いただきますと、LINEからお問い合わせ・ご相談いただくことができます。
その他、メディア出演や講演会のお知らせ、法律コラムなど当事務所の弁護士を身近に感じていただけるような情報を配信していますので、是非友だち登録をお願いします。

twitter

フラクタル法律事務所のTwitterを開設しました。
メディア出演やブログ・コラムの更新情報などを配信しています。上のボタンよりフォローください。

コラム

メディアの方へ

フラクタル法律事務所 青山本店

獣医師のための法律相談専門サイト

離婚専門サイト

歯科医院検索

HOME >トラブル発生チャート図
医療過誤訴訟

患者の希望を優先させるべきか

治療方針について

歯科医師としての専門的、適切な治療方針から逸脱しているにも拘らず、患者が不合理な内容の方針に固執する場合には診療を拒否することができます。

患者の中には、治療方針についても強い希望を持つ方がいらっしゃいます。
特に歯科の分野は審美の要素やライフスタイルに関わる要素も多いため、具体的な希望をもっている患者も多いです。
患者の希望が適切な治療方針の中の範囲にある場合はメリットデメリットの十分な説明の後に患者の希望が変わらなければ患者の希望に沿うべきです。
しかし、中には歯科医が勧める適切な治療方針とは別の、しかも適切でない治療方針に固執し、デメリットを説明しても自分の希望通りに治療することを求める患者もいます。中には、治療方針が二転三転して決まらない患者の方もいます。

そのような場合には、デメリットを考慮して到底採用できない治療方針であることを伝え、他院の診療を勧め、他院での診療にも応じない場合には、患者の固執する治療方針により患者の健康が害されることを理由に診療を拒否することが許されるでしょう。

ただし、診療を拒否するには応招義務との関係で正当な理由が必要で、それを医師の方で立証しなければなりません。カルテに患者に対して再三治療方針について説明し、他院での診療を勧めたことを出来るだけ詳細に記載しておきましょう。

 >> トラブル発生チャート図へ戻る

  • 電話相談は0120-684-600
  • 会って相談はこちら