a 患者の承諾なしに進めて良いか / 弁護士法人フラクタル法律事務所
歯科医師のための法律相談 デンタルローヤー

緊急相談
患者トラブルにお困りでメール・LINE・電話でのアドバイスが欲しい方はこちら

医師のための法律相談
労働問題・経営問題・医師のプライベートの問題などはこちらをご覧ください

平成26年6月6日
モンスターペイシェントの対処法
高知県歯科医師会にて講演

モンスターペイシェントの対処法 高知県歯科医師会にて講演

 

*LINE相談はじめました*

フラクタル法律事務所のLINE@にご登録いただきますと、LINEからお問い合わせ・ご相談いただくことができます。
その他、メディア出演や講演会のお知らせ、法律コラムなど当事務所の弁護士を身近に感じていただけるような情報を配信していますので、是非友だち登録をお願いします。

twitter

フラクタル法律事務所のTwitterを開設しました。
メディア出演やブログ・コラムの更新情報などを配信しています。上のボタンよりフォローください。

コラム

メディアの方へ

フラクタル法律事務所 青山本店

獣医師のための法律相談専門サイト

離婚専門サイト

歯科医院検索

HOME > トラブル発生チャート図
医療過誤訴訟

患者の承諾なしに進めて良いか?

患者から出るクレームには、無断で治療されたという内容が非常に多いです。
承諾なしに勝手に進められたというクレームだけを述べる場合もありますし、具体的な治療行為に対するクレームに付随し、承諾がなかったことについてクレームを述べることもありますので、トラブルになるケースは必ずといっていいほど承諾の有無が問題となっているといって過言ではありません。

では、患者の承諾はどこまでとるべきでしょうか。
判例上、すべての治療行為について、逐一承諾をとるべきとは考えられていません。それでは、治療が進まなくなるからです。
判例は、場合によって承諾の程度を変えており、
① 重大な手術、その他相当の侵襲を与える診療行為の場合には個別的承諾を必要とする
② その他軽微な診療においては、診療の申し込みなど包括的承諾でよい
としております。
医師の患者に対する説明と承諾は表裏一体のものですが、いかに具体的・詳細な説明をしても、「理解していなかった」、「納得はしていなかった」とクレームになる場合もあります。
そこで、同意書の存在が必要となります。

①のような手術、麻酔などの侵襲を与える診療行為については、個別の承諾、もちろん後の立証を考えて口頭ではなく、しっかり同意書をとる必要があります。
また、②のような包括的承諾は、問診票の記載が有効となる場合があります。たとえば問診票に、義歯を作成して欲しいとあれば、それに必要な歯の一部エナメル質部分を削る行為は包括的同意に含まれていると考えられます。

 >> トラブル発生チャート図へ戻る

  • 電話相談は0120-684-600
  • 会って相談はこちら